ひばりの家 La maizon d'une alouette





鴻巣市の住宅街に建つ築30年近い住宅です。
内部を中心に改修工事をおこないました。

周囲は緑の多い街区計画がそれぞれ施され静かで
落ち着きのある街並みです。
事前調査ではシロアリの被害も無く、床下も乾燥
し良好な状態でした。建物として健全な状態が確
認できたので依頼者も我々建築サイドも安心して
設計と工事を進めることができました。
設計を進めるにあたり開放的な間取りに変更した
いということで、1階は構造的に重要でない壁を
撤去し、また新につくった壁には構造補強のため
スジカイを入れました。
昭和の文化住宅の特徴的な個室が多い間取りから
食堂、ダイニング、ワークスペース、リビングへ
とつながる開放的なプランへと大きく変わりまし
た。ダイニングルームには埼玉県の三富(さんと
め)地域で育ったコナラという木を使い飾り棚を
つくりました。高度成長期以前は燃料としてカマ
ドや薪ストーブで燃やされていた木です。
燃料の需要もなくなり大きく育ちすぎてしまった
ため近年では家具材料としての需要が見込まれて
います。完成したものを見ると木目も緻密で堂々
としています。親から子へと大切に受け継いでも
らえたら嬉しいですね。
内装の壁は施主さん自ら珪藻土を塗りました。
ご主人と奥さまの二人三脚で真夏の茹だるような
暑さの中よく頑張られたと思います。
家は住む人自らが手をかけてつくっていくのが本
当だと思います。

ひばりの家、これから愛着のある家に育っていく
ことでしょう。

地名にひばりの名がつくので「ひばりの家」と名
付けました。フランス語では、
「 La Maison d'une Alouette 」


< 建築概要 >
所在地:埼玉県 鴻巣市
敷地面積:182 u
延べ面積:103 u

施工:江森建設(加須市)
   担当者 江森大仁

主な内部仕上げ
床:クルミ無垢フローリング
壁:珪藻土塗り(施主セルフ工事)
天井:クロス貼り
玄関扉:レッドシダー無垢材製作品
金物:堀商店
ダイニングルームのペンダントランプ

2灯使いです
キッチン収納の壁には杉板を張り、ピンで予定
などを貼り付けできるようにしました
お子さんたちの学習カウンター

製作:江森大仁くん
クルミの無垢フローリング

ところどころに節があり味わいがあります
山桜の洗面カウンター

製作:工房双葉(川島町)
階段の吹き抜けは珪藻土を塗るのが大変だった
と思います
ひばりの表札です

デザインと製作:かねこ建築製作所
さんとめのコナラで製作した飾り棚

デザイン:かねこ建築製作所
製作:工房双葉(川島町)